初めての方へ
遺品整理

遺品整理



近年核家族世帯が増加傾向にあります。高齢者の方の独居住まいが増え、それに伴い高齢者の方の身の回りを片付けるサービスです。 個人様のお部屋の家財道具一式の処分、思い出がいっぱいつまった大切なお荷物を生活のされていたままの状態から丁寧に、回収させていただきます。遺品整理の作業内容というのは、遺品の梱包・搬出、遺品の供養、貴重品の探索、不用品の処分、清掃などであり、その内容を一括しておこないます。 「関西ハウスクリーン」は遺品整理への知識・遺品を大切に扱うという思い、そして一つ一つ丁寧に仕分け分別しまだまだ使える家財や雑貨などは海外に輸出し自社でオークションを個人様の大切な遺品を処分せずにまだまだ使える家財に対して新たな命を宿します。 どんなささいなお悩みでも遺品整理のプロ「関西ハウスクリーン」に一度ご相談ください!!
  • 忘れられない「遺品整理」

    年間孤独死3万人、1000万人が孤立状態にある──日本の現状。
    和歌山県の現状も深刻です。
    数々の特殊清掃として体験してきましたが、とくに、高齢者と違って地域による見守りなどがない孤独死は深刻です。
    その度にやるせない気持ちになります。もちろん孤独死を迎えたご本人、最後を看取れなかったご遺族の方の悲しみ苦しみはその比ではありません。
    60代半ば以降の男性の孤独死は、女性に比べ圧倒的に多い傾向があるそうです。
    その男性は、かつて企業戦士という言葉も生まれた時代に働き盛りだった中高年。
    料理や掃除など家事全般が苦手だったそうです。そのため、妻との死別で、栄養状態や住居の衛生環境が悪化し、生活の質が低下されていました。
    ご両親の死後数年が経ち、実家の片付け、遺品整理のご依頼でご本人からご連絡をいただきました。
    ゴミ屋敷化したご実家をいつものように整理片付けはじめ数時間したときのことです。

    依頼者が突然二階のおトイレで倒れられたのです。

    すぐに救急を呼びました。
    救急車が到着するまで心臓マッサージを続けてくださいと指示を受け 一生懸命に早いテンポで、絶えまなく行なく心臓マッサージを続けました。
    救急車が到着し、救急隊に引き継ぐまで。

    しかし、残念ながらご依頼者は救急車が到着したときには心臓の拍動も停止。
    ご臨終に。

    私達があのときあの場所にいなければ。遺品整理を依頼されなければ、 ご依頼者は孤独死され、発見が遅ければ御遺族が特殊清掃を依頼しなければいけなかったかもしれません。
    男性は地域でも孤立しやすいです。孤立してしまうと、トラブルが発生した際に、助けを求めたり、発見してもらえるチャンスが減り、そのまま亡くなる確率が高くなります。
    ご依頼主は孤独死をさけ、私達に自分の最期に立ち会うようご依頼くださったのだと思うと…。
    その後御遺族は私達にご両親の遺品整理を継続するよう依頼されましたので 最後まできちんとお仕事をさせていただきました。
    生涯 忘れられない遺品整理になりました。
  • 住所
  • 和歌山県紀の川市野上204-5

    ゴミ屋敷清掃,遺品整理,和歌山,ハウスクリーンサービス,清掃。遺品整理・不用品・ゴミ処分の実績多数!安心料金・出張見積り無料!1時間3000円。
  • STEP①
  • 無料にてお見積もりにお伺いします。
  • STEP②
  • 実際に作業を行う部屋にてお見積もりを提示させていただきます。 ※予算等お気軽にご相談ください。買取りできるものは買取りさせていただきます。
  • 軽トラ詰め放題プラン

    ¥19,800〜 (税込)

    1部屋程度(押入内~1ルーム程度)
    軽トラック1台(処分量:畳約2畳分程度)
    作業人数:1名
    作業時間:1時間以内
  • 2t詰め放題プラン

    ¥59,800 (税込)

    1~2部屋程度(1ルーム~2k程度) 2トントラック1台(処分量:畳約4.5畳分程度)
    作業人数:2名
    作業時間:4時間以内
  • 2t.軽トラ詰め放題プラン

    ¥89,800 (税込)

    お部屋まるごと(1k~2LDK程度)
    2トン箱トラック1台(処分量:畳約10畳分程度)
    作業人数:2名
    作業時間:6時間以内
  • 完了

    ご確認後、問題が無ければ料金をご精算していただき全て完了となります。
  • どのパックが良いのか分からない!という場合は、まずお問い合わせ下さい。
    状況をお伺いした後、あなたに最適なパック、最適な内容(特殊清掃・遺品整理・原状回復等)をご提示いたします。
    ●上記の作業時間はおおよその目安です。現場の状況により前後します。
    ●基準を超える残置物量の処分、梱包する量や手運びによる労務費の増加、清掃範囲が広範囲に及ぶ場合、現場での長時間待機が発生した場合はあらためて料金の内容と内訳をご案内いたします。
  • 忘れられない「遺品整理」
  • 年間孤独死3万人、1000万人が孤立状態にある──日本の現状。

    和歌山県の現状も深刻です。
    数々の特殊清掃として体験してきましたが、とくに、高齢者と違って地域による見守りなどがない孤独死は深刻です。
    その度にやるせない気持ちになります。もちろん孤独死を迎えたご本人、最後を看取れなかったご遺族の方の悲しみ苦しみはその比ではありません。
    60代半ば以降の男性の孤独死は、女性に比べ圧倒的に多い傾向があるそうです。
    その男性は、かつて企業戦士という言葉も生まれた時代に働き盛りだった中高年。
    料理や掃除など家事全般が苦手だったそうです。そのため、妻との死別で、栄養状態や住居の衛生環境が悪化し、生活の質が低下されていました。
    ご両親の死後数年が経ち、実家の片付け、遺品整理のご依頼でご本人からご連絡をいただきました。
    ゴミ屋敷化したご実家をいつものように整理片付けはじめ数時間したときのことです。
    依頼者が突然二階のおトイレで倒れられたのです。
    すぐに救急を呼びました。
    救急車が到着するまで心臓マッサージを続けてくださいと指示を受け 一生懸命に早いテンポで、絶えまなく行なく心臓マッサージを続けました。
    救急車が到着し、救急隊に引き継ぐまで。
    しかし、残念ながらご依頼者は救急車が到着したときには心臓の拍動も停止。
    ご臨終に。
    私達があのときあの場所にいなければ。遺品整理を依頼されなければ、 ご依頼者は孤独死され、発見が遅ければ御遺族が特殊清掃を依頼しなければいけなかったかもしれません。
    男性は地域でも孤立しやすいです。孤立してしまうと、トラブルが発生した際に、助けを求めたり、発見してもらえるチャンスが減り、そのまま亡くなる確率が高くなります。
    ご依頼主は孤独死をさけ、私達に自分の最期に立ち会うようご依頼くださったのだと思うと…。
    その後御遺族は私達にご両親の遺品整理を継続するよう依頼されましたので 最後まできちんとお仕事をさせていただきました。
    生涯 忘れられない遺品整理になりました。

メールでの
お問い合わせは
こちら

お問い合わせ

電話はこちらへ

お問い合わせ 090-7764-8719

メールでのお問い合わせはこちら