初めての方へ
和歌山ゴミ屋敷清掃

ゴミ屋敷清掃



量が多い、ゴミが蓄積している、汚れがひどい、悪臭がするどんな状態でも対応します。近年多くの方がゴミ屋敷の問題に直面しております。そのような部屋をそのままの状態にしておくと、漏電や漏水、害虫・悪臭の発生、火災、床の崩壊など多くの危険があります。この状況での暮らしは危険です。関西ハウスクリーンではゴミ屋敷のお片付け、清掃、消臭作業などにも対応しております。健全な暮らしを取り戻し、安心できる住まいづくりなどのお手伝いをいたしますのでお任せください。
  • 忘れられない「ゴミ屋敷清掃」

    「ごみ屋敷」で暮らすのは、どんな人だと、

     あなたは思いますか。

    一軒家を所有する和歌山市60代男性。 自宅をゴミ屋敷にしてしまった男性は「ちょっとの間にこうなっていた」と言いました。約2トンの「ごみ」が撤去された現場から見えた問題とは――。

    ゴミ屋敷に暮らす男性は、妻や娘に先立たれて10年余り前から1人暮らしに。 「娘を亡くしたショックで、いろいろなことに手がつかなくなりあっという間にゴミ屋敷なった」という。 男性には、近親者を失った孤独感や喪失感などから身の回りのことがおろそかになる「セルフネグレクト(自己放任)」が原因で自宅がゴミ屋敷に。
    やがて「ゴミ屋敷」になっていったマイホーム。捨てられずにたまったゴミの袋が山積みになり、古くなった弁当や汚れた衣類が床を覆っていた。ゴミ屋敷はたいていこんな状況。
    ゴミ屋敷に到着。 玄関から入ると、マスクをしていても、生ごみの臭いが強く鼻をついた。カラフルな造花と風景画で飾られた玄関で、ハエが飛びまわり、ゴキブリが壁をはっていた。
    次はゴミ屋敷の2階のダイニングにあがると、約30センチの高さまで、サケの瓶詰やパック入りの生卵、汚れたシーツ、料理本などが、うずたかく積まれていた。
    ゴミ屋敷の流し台には、洗われないまま、食べ残しが乾ききったおわんや皿が山積み。ここで、60代の男性が一人で暮らしていた。この状態では自炊ができなかったはず。

    一番驚いたのは ペットボトルに自分の排尿を溜めていたこと。 ゴミ屋敷のトイレは扉が開かず仕方なく身の回りにあったペットボトルを利用したようだ。
    若いころは整理整頓されていた家であっても、次第に散らかってくることがあるのだとか。ゴミ屋敷化した家では、どんどん積み重なった物の下に、きちんと畳んだ服や、整然と並べられた物がしまわれていることがよくあるというのです。
    ゴミ屋敷化。それは、気力・体力・記憶力・判断力の自然な低下により、以前はできたことができなくなってくるから。腰や膝が悪くなり、高いところなどにしまえなくなり、床に置きっぱなしになることがあるわけです。
    また、視力が衰えて部屋の埃や汚れに気づかなくなったり、記憶力や判断力が低下し、同じストック品や消耗品が増えてくることも。またそれ以前に、配偶者を亡くすなどの精神的ダメージも影響するというのです。
  • 忘れられない「ゴミ屋敷清掃」
  • 「ごみ屋敷」で暮らすのは、どんな人だと、

     あなたは思いますか。

    一軒家を所有する和歌山市60代男性。 自宅をゴミ屋敷にしてしまった男性は「ちょっとの間にこうなっていた」と言いました。約2トンの「ごみ」が撤去された現場から見えた問題とは――。

    ゴミ屋敷に暮らす男性は、妻や娘に先立たれて10年余り前から1人暮らしに。 「娘を亡くしたショックで、いろいろなことに手がつかなくなりあっという間にゴミ屋敷なった」という。 男性には、近親者を失った孤独感や喪失感などから身の回りのことがおろそかになる「セルフネグレクト(自己放任)」が原因で自宅がゴミ屋敷に。
    やがて「ゴミ屋敷」になっていったマイホーム。捨てられずにたまったゴミの袋が山積みになり、古くなった弁当や汚れた衣類が床を覆っていた。ゴミ屋敷はたいていこんな状況。
    ゴミ屋敷に到着。 玄関から入ると、マスクをしていても、生ごみの臭いが強く鼻をついた。カラフルな造花と風景画で飾られた玄関で、ハエが飛びまわり、ゴキブリが壁をはっていた。
    次はゴミ屋敷の2階のダイニングにあがると、約30センチの高さまで、サケの瓶詰やパック入りの生卵、汚れたシーツ、料理本などが、うずたかく積まれていた。
    ゴミ屋敷の流し台には、洗われないまま、食べ残しが乾ききったおわんや皿が山積み。ここで、60代の男性が一人で暮らしていた。この状態では自炊ができなかったはず。

    一番驚いたのは ペットボトルに自分の排尿を溜めていたこと。 ゴミ屋敷のトイレは扉が開かず仕方なく身の回りにあったペットボトルを利用したようだ。
    若いころは整理整頓されていた家であっても、次第に散らかってくることがあるのだとか。ゴミ屋敷化した家では、どんどん積み重なった物の下に、きちんと畳んだ服や、整然と並べられた物がしまわれていることがよくあるというのです。
    ゴミ屋敷化。それは、気力・体力・記憶力・判断力の自然な低下により、以前はできたことができなくなってくるから。腰や膝が悪くなり、高いところなどにしまえなくなり、床に置きっぱなしになることがあるわけです。
    また、視力が衰えて部屋の埃や汚れに気づかなくなったり、記憶力や判断力が低下し、同じストック品や消耗品が増えてくることも。またそれ以前に、配偶者を亡くすなどの精神的ダメージも影響するというのです。
  • ゴミ部屋片付けの流れ

    STEP①

    メールまたは電話でのお問い合わせを頂きます。
  • STEP②

    無料にてお見積もりにお伺いします。
  • STEP③

    実際に作業を行う部屋にてお見積もりを提示させていただきます。 ※予算等お気軽にご相談ください。買取りできるものは買取りさせていただきます。
  • STEP④

    提示させていただきましたお見積もりでご納得頂ければ作業日の打ち合わせを行います。
  • STEP⑤

    作業日当日、梱包、袋詰め、搬出いたします。 ※作業完了後、必要に応じて清掃を実施させていただきます。
  • STEP⑥

    無料にてお見積もりにお伺いします。
  • 完了

    ご確認後、問題が無ければ料金をご精算していただき全て完了となります。
  • ゴミ部屋清掃(軽トラプラン)    期間限定特別価格 今だけ!

    1R or 1K  19,900円~     【3㎡】
  • 住所
  • 和歌山県紀の川市野上204-5

    ゴミ屋敷清掃,遺品整理,和歌山,ハウスクリーンサービス,清掃。遺品整理・不用品・ゴミ処分の実績多数!安心料金・出張見積り無料!1時間3000円。
  • STEP①
  • 無料にてお見積もりにお伺いします。
  • STEP②
  • 実際に作業を行う部屋にてお見積もりを提示させていただきます。 ※予算等お気軽にご相談ください。買取りできるものは買取りさせていただきます。

メールでの
お問い合わせは
こちら

お問い合わせ

電話はこちらへ

お問い合わせ 090-7764-8719

メールでのお問い合わせはこちら